公認会計士は、法律上会計の専門家のことをいいます。会計の資格には様々なものがありますが、公認会計士は会計のスペシャリストといわれています。社会的地位が非常に高く、医師や弁護士とともに国家三大資格の一つといわれる、高度な専門知識が必要な国家資格です。公認会計士は会計に関する調査やアドバイスといった会計業務や経営戦略の立案のような経営コンサルティング業務を行うことが主な仕事です。法律により、財務書類の監査、または、証明をすることは公認会計士の独占業務として定められており、利害関係のない第三者の立場から監査意見を表明する業務は公認会計士のみができる業務になります。監査では、企業が発表している売り上げや利益が正しいかどうかを確かめます。会計業務では、財務諸表の作成や財務、会計に関する指導やアドバイスなどの税務業務以外の経理業務を行います。また、公認会計士は税理士になる資格も持っているため、税理士会に登録することで税理士と同じ税務業務を行うこともできます。独立開業をした公認会計士は、税務書類の作成や税務申告を企業の代理で行うことも多いでしょう。資格取得が難しい分、就職先は広範囲で、多くの有資格者は主に大手監査法人に勤務しています。監査法人にて実務経験を積んでから独立する人も多いようです。他にも、一般企業、金融機関、公的機関など、様々なところから必要とされています。それ以外には、企業の経営についての相談を受けたり、アドバイスをするなどのコンサルティング業務を行ったり、講演会を開催する人や執筆活動を行っている人も多い資格です。